前回LIXILリフォームフェア2017へ参加してきた感想を書いたのですが
その続きで、フェアに参加して思った、片づけモノの収納からみた「成功するリフォーム」に必要なことを書きます。

リフォームをすれば、モノは片づくのか

片づけの重要な鉄則に「行動動線」「何をどこに置くか場所を決める」ということがあります。これが「収納グッズや、置き家具では改善のしようがない」というときに、有効なのがリフォームですね。見事に、根本的に解決してくれます。これはリフォームの大きな魅力。

では、リフォームをすればリバウンドしない片づいた部屋になり、それを絶対キープできるのでしょうか。残念ながらムリです。リフォーム後は、物は使いやすくなり、美しく収めることができるようになるでしょう。でもそれは一時的で、リバウンドする率が高いです。なぜなら、片づけとリフォームは全く別物だから。どれだけ広い家に引っ越しても、しばらくすると散らかるのと同じです。

必要な収納量を明確にしてから

だから、リフォームしたら家片づくだろう、リフォームをきっかけに片づけよう、ではなく先に片づけておくこと。
「自分にとって、これだけ量のモノがキッチンに必要」というのを明確にする。すると「この量を収められるだけの、収納が欲しい」も明確になります。するとリフォーム依頼時に

・「とりあえず収納多めで」と依頼をしなくて済む
・「念のため、こっちも棚を付けておこう」と、空間を収納で狭くしなくて、済む
・金額を抑えられる
・片付けの時点で思い描いた「どういう部屋にしたいか」が、キッチンインテリアにまで繋がるので
「こんなキッチンにしたい!」と、明確になる分、満足いくものを選べる。

つまり営業さんの
「この引き出しも便利と、好評ですけどいかがですか?」という提案に
「我が家には不要です、そこは別の〇〇を置きます」「こんな風に使いたいので」って言えるようになります。

整理収納アドバイザー2級講座を受講後に「家を建てた」「リフォームした」生徒さんたちの声

整理収納アドバイザー2級認定講座受講後に、家を建てたりリフォームしたメンバーからはこんな話を聞いています。

「キッチン吊戸棚NO!」ー 空間が広く感じる
「キッチン収納1か所NO!」ー 主婦家事の空間を確保
「玄関シューズクローゼットNO!」ー みんなで靴を履くときに玄関が広い
「寝室の奥のウォークインクローゼットNO!」ー 寝室広めになりました
「クローゼットハンガーかけ2本入れ」ー収納量倍になりました、子どものものだけ置くので、余裕のある収納です

等々
「どれだけ必要かが、自分で把握してから依頼できたので、収納そこまでいらないってはっきり言えました」
「おかげさまで大満足の家に住んでいます」という方が何人もいらっしゃいます。

「失敗した」という声も、もちろん

お家建てた後に、整理収納アドバイザー2級認定講座受講されて、悔やまれること、おっしゃることは「とりあえず収納多めに作ってくださいって依頼した、しまった」というやつです。「多く収納作りすぎて、ただのモノが多く入る倉庫」「片づいてきたらガラガラになった。もっと部屋の空間を広くすればよかった」等。「引っ越さなくて済んだかも」何ていう方もいました。

「家建てる前に、先生の講座受講したかった、失敗した」って嘆かれる方も結構います。でもそのときの希望通りに出来上がっているのに失敗だなんて。それは作った側・提供した側にとっても、残念過ぎると思うんです。「整理収納アドバイザー=片づけ」講座ですが「リフォーム・家を建てるときに大満足の家を建てるための講座」と考えてもいいくらい、内容がつながっています。

建築系やインテリア関連のお仕事をしている方の声

建築系やインテリア関連のお仕事の方と、お話する機会も多いですが
「よほどはっきりNOの希望を伝えてもらわない限り、無難に(収納多め・一般的に喜ばれる間取り)進めようとします」
「例えば新しい家に引っ越したときに『家を建てるために、うちの家に打ち合わせにきてたのに、こんな収納で足りると思ったの?』って言われることは避けようとします」と言う話、よく聞きます。なるほどと思いました。

ある方は
「お客様がこんな風にしたいと希望を持ってくださるのが、一番満足度の高いリフォームもお家を立てることも叶う」
「これに勝るものはない」とおっしゃっていました。
「どうしたいか決まっていないお客様の満足度を上げるのが、一番難しい」とも。

整理収納アドバイザーで「どんな暮らしをしたいか明確にしていく」というプログラムをお話したら「これはクライアントさんみなさんに知っておいてほしい内容だ」と言われたことは、一度や二度ではありません。家建てる前にはリフォームの前には。学んでおいていただいて損はないです。

満足のいく家づくりに必須なのは「自分の明確な希望」

満足のいくお家作りができるかは、自分の希望次第。言われてみれば当たり前ながら、明暗を分けます。もちろんもっと具体的にたくさんの事例があるのですがここでは割愛。「片づける」と言うことだけをテーマに、講師として伝えることを徹底してきましたが、あまりに受講生のみなさんの中に「失敗した」という人も多いので、成功させるリフォームと整理収納のことをお伝えする講座もいいかなと思いました。
切っても切れないこんなリフォームと片づけの関係、これまでかたくなにお断りしてきたのですが、一生に何度かのお買い物と思うとやっぱり大事ですよね。お力になれるなら、こちらのセミナ―も提供していきたいと思います。