子どもの片づけ

実体験から「つわり」に絶対影響すると思う、片づけ効果

投稿日:2017年7月11日 更新日:

こんにちは、つわりは3人ともマーライオン全開でした。特に駅から職場までの歩く間の恐怖は今も忘れられません。「今、吐くならあの木陰にダッシュ」「今、吐くならあの道のはしっこ」と、袋を握りしめ必死に歩いてました。元片づけ苦手。オフィスミカサの長野です(ひどい自己紹介ですまない…)

ノウハウじゃなくただのプライべート記事。興味のない方は読み飛ばしてください

効果を感じたつわり対策方法best5

↑この記事は「気休めレベルで…」って思って書いたのに「楽になりました」とか「泣けました」とか、コメントくださって。書いてよかった。

みんなさんのつわり奮闘記コメントページ

でも、上記ページには書いていないけれど「3人目のつわりが気分的に少しましだった」という事実があります。その理由の1つが「片づけの効果」これについてご紹介します。

3回目でも絶望のつわり、その中でも唯一楽だった「部屋が片づいていたこと」

これは大きかった。精神的に大きかった。

3人目のつわり当時、長女が小3、息子は5さい年中さん。寝転がっていても気持ち悪い中、仕事に行ってたわけですから、家はどんだけ散らかってもおかしくなかったんです。
ところが、休日、夫が子供二人連れて出かけてくれたときのこと。ソファに一人、横になってて気づいたんです。「部屋片づいてる」って。これ散らかってたら「片づけなきゃ…」と、また精神的に追いやられ、絶対気持ち悪くなってたこと間違いないな(身に覚えがある)、片づけ勉強してよかったなーって身に沁みました。

つわりで苦しんでいる方のコメント見ると「部屋の散らかりがひどくて、つわりが余計にひどくなる、逃げたい」なんてのもよくあります。ただモノが散らかっているストレスもあるし、片づけたいのに体が動かない、そのつらさからのストレスもある。何日も家の空気がどよーん、部屋もどよーん、自分は廃人ですしね、わかります。「つわりまでに、片づけの効果教えてあげたかった…!片づいたお部屋キープできてたら…少しは救われただろうにな…」って、心底思います。

部屋が片づいていた理由、考えてみたらこの二つ

片づけやすい環境ができていた

この時、整理収納アドバイザーの認定講師資格まで持っていました。なので家がだいぶ軽くなってきたころ。3人目への執着から離れ、ずっと捨てられなかった息子のベビー用品を全部処分して「あー本当に、家片づいてきたわー!」って思った瞬間の妊娠。家の行動動線もだいぶ良くなってました。(そのころよりさらに今の方が、ずっと片づいてるという事実…!)
1日3分の片づけで家がすっきりカンペキ!になるようになと思えた頃だったんです。これはほんとに救われた…!!

たまに見かける、「つわりに理解ないだんなさんの『部屋がきたない』のセリフ」仕事から帰ってそう思うのは仕方ないけど、そもそも片づけやすい環境ができていたら、これも防げます!(せいぜいキッチンと洗濯ものがあふれる程度で、リビングはキレイを保てる!)

家族が協力してくれていた

子どもたちもかなり片づけやすく、自分のことは自分で、という仕組みができていました。子ども向けに動線を意識した収納のおかげで、息子も幼稚園の準備自分で全部できるようになっていたし、私の母が来ても「だいたいどこに何があるか」は分かりやすくなってました。
散らかりにくい+誰でも片づけやすい。この仕組みは最重要。

そして「私はモノがその辺に溢れていると、ストレスがたまるからきちんと戻してほしい」と夫にも、子どもたちにも、普段から伝えるようになっていたのも良かったと思います。当時、私がマーライオンのために、トイレに駆け込むと、長女がささっと床のもの等を、ささっと片づけてくれていました。散らかっているから気分が悪くなったと思ったんでしょうね(当時は優しかった…)でもこういうのもあって、キープできてたんだと思います。

今は目をつむって…

つわりで何もできない方が、この記事読んでいると思ったら、非常に申し訳ない。そういう皆さんへのメッセージです「散らかっていても生きていけるから、そこは安心して。諦められるなら諦めて。その方が精神的に負担がないなら、それでいい。お腹でちっちゃい赤ちゃん守ってるんだから、部屋くらい何か月か、放置でも大丈夫、つわりから開放されればいつでもリセットできる!でももし「それは気休めで、やっぱり散らかってるとつわりがキツイー」という私みたいなタイプの方は、きっと日に日に、楽な時間が増えてくると思うので、その隙間時間に、ちょこちょこと目につくところからやっつけてください」

つわりが終わって、赤ちゃんのことをゆっくり考えられるようになったら

つわりがあけたら出産までに、お片づけ学んで欲しい…!(体験談から声を大にして言いたい)へっとへとになる育児の時に、片づけ時間が減るってすっごい大事。赤ちゃんとゆっくり向き合える時間が増える。これも、上二人=片づけ苦手、3人目=片づけ得意で、子育てした私が身を持て経験しました。どんなに育てやすかったか。散かる・片づけるのラクな家がこんなに子育てに快適とは(同じ家ですよ)

オムツセットや、必要なオムツの量の割り出し、こどものお洋服の適正量、知っているだけで散らかることは防げるし、1・2・3歳と成長してきましたが、我が家は片づいています。「子どもが増えたらモノが増える」けれど、全ての家庭がそれに悩むかというとそうではない。
その量と、限度がわかる。それに、何といっても赤ちゃんに、片づいたお家が一番安全。誤飲や転倒等も減ります。大切な生まれてくる赤ちゃんに、愛情の量=モノの量ではなく「安全をプレゼント」してあげてほしい。この環境を整えてあげられるのは、お母さんになる方だけ。

ぜひ、つわりから解放されたらやりたいことリストに入れていただければと思います!

このベビー用品買うべき?上手な手放し方は?そんなお電話での相談は、ボイスマルシェでも受付可能です
子どもの片づけって?そんな日々のノウハウをもっと読みたい方はLINE@ご登録ください
私の開催する、整理収納アドバイザー2級認定講座は妊婦さんの、参加率も高いです。赤ちゃん生まれたらしばらくは参加できないから、ぜひ今のうちにいらしてくださいね。

-子どもの片づけ

Copyright© Office Mikasa オフィスミカサ , 2020 All Rights Reserved.