こんにちは、2017年6月に出版しました。元市役所職員、ビジネスメール講師、オフィスミカサの長野ゆかです。

この1冊で安心!!新人公務員のメールの書き方 [ 長野 ゆか ]
価格:1944円
内容・目次・パンフレット等、詳細はこちらのページ

発売から、公務員じゃないのに買ってくれるという友人が多数!みんなありがとう。
中には「家族や友達が公務員だからプレゼントしたい」「新人じゃないんだけど、参考になる?」「学校の先生なんだけど、どうだろう?」等、質問をくれる友人も多かったので、本書の特徴を補足で、説明しますね。

この本の特徴について

市役所、一般事務職さん向けの文例

同じ公務員でも、消防士さん、学校の先生、市立病院の先生方…こうした専門業種の方々が頻繁に使われる文例は、含めていません。
ただし「メールの書き方・考え方のルール説明」+「その具体的文例」という構成なので、もちろんお役に立てると思っています。先日は、保健師さんから「見やすかった・すぐに役に立った」とお声をいただきました。

内部業務関係のメールの文例がメイン

庁内・内部事務のメール文例に絞りました。そのため、市民へのメールの文例は、本書では割愛しています。

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師として

私は、一般社団法人日本ビジネスメール協会の認定講師です。普段、ビジネスメール研修に登壇し、大手企業から個人事業主まで、あらゆる業種の方にメールのノウハウをお伝えしています。

一般社団法人日本ビジネスメール協会での私の紹介ページ 長野ゆか

公務員時代の個人的な経験から導いた内容ではなく「一般的な社会人ビジネスメールマナー+公務員」としての視点を、重点に置いて書きました。なので、どんな団体・企業・市民の方にメールを送るとしても、通用する基本書として完成しています。まさに「この1冊で安心!」です。実は、公務員でない方たちから「参考になった!」という感想をいただくとおり、公務員ではない職種の方がご覧になられても役立つそれくらい、基本にそった内容になっています。

こんな人に読んでほしい

新人公務員のみなさんに

メールの書き方はもちろんのこと、情報セキュリティ・各自治体のポリシーの話など、システムのユーザー側の部署に回ると、教えてもらう機会がないかもしれない、でも絶対知っておかないといけないことも、少しづつ記載しています。メール運用部分だけに絞っていますが、絶対の内容なので、新人の方には必ず読んでいただきたいです。

メールに絶対の自信がない、研修を受講したことがないみなさんに

自分のメールに何らかの不安を抱いている方、メール(グループウェア)の「操作」研修はあったけど、宛名の書き方、文章の書き方等を「マナー」として学んだことがない方に。

先輩・上司のみなさんに(ご自身のスキルアップ+後輩のメールの指導ポイントに)

後輩にメールの書き方を指導していかないと行けない立場の方
後輩のメールに問題があると思うが、自分の指摘内容が正しいとも言い切れず、戸惑い指摘ができないというご相談もよく受けますので、そんな方にも。

これから公務員になりたい、就活中のみなさん

人事課との試験に関するやりとり、また合格後のやり取りに備える方。ビジネスメールのやりとりというのは、一般的なビジネスマナー・文章力・準備力・段取り力・配慮、等、ビジネス力が非常に透けて見えます。いざそのときに備えて、勉強したい方に。

公務員と、仕事でメールのやりとりをする方

これは私の個人事業主仲間(整理収納アドバイザー)が、何人も感想をくれたのですが「ちょうど公務員の人に、仕事でメールを送ることがあった。相手が気にしているレベルがわかれば、こちらもメールを送りやすい」とのこと。はい、もちろん参考にいただけます。

 

出版に当たって、この場でお礼を

出版に関して、以下のみなさんにお礼のメッセージ

一般社団法人日本ビジネスメール協会 平野友朗理事

「こんな依頼が来ているけれど、長野さん、書いてみませんか?」ときっかけをくださったのが一般社団法人日本ビジネスメール協会平野友朗理事。20冊以上の本を出版され、プレジデントや、日経系のメディアでもよくビジネスメールに関して取材受けてらっしゃいます。
実は「自分がかかわった本は、いい本にしたいから」と、ゲラの段階でも詳細にチェックを入れてくださっています。そして、平野さんと一緒に、詳細にゲラチェックご覧くださったのが、一般社団法人日本ビジネスメール協会の直井章子さん。ありがとうございました。

勤めていた時の元上司に

最新の自治体ビジネスメールのセキュリティ情報の確認のため、元上司に連絡をとり、原稿の内容を部分的に確認いただきました。4月はいって1・2週という、最高に忙しい時期にもかかわらず「元上司として頼ってくれるのは、嬉しい」と、快諾くださいました。自治体情報部門向けの専用月刊紙(LASDEC)に、見開き2ページで個人的に特集されるような方。
勤めていた時、仕事は助けてもらい、さらに当時勤めながらの子育てにも理解を示してくださって。当時も今もお世話になりっぱなし。このご恩は必ず(といいつつ10年以上…) また、これをきっかけに、他のお世話になったみなさんにも、お会いする機会もできてよかったです。

学陽書房の担当さんと、携わってくださったみなさんへ

お忙しい中、私の担当をしてくださったMさん。自由に書かせていただいたこと、詳細な書き方などのご指示、調整。書ききれないくらい、全てに感謝しています。そして原稿チェックくださったみなさん。誤字脱字、ご指摘修正の細かさ。「この内容でいいんでしょうか?」「こんな風に表現したほうが見やすいのでは?」というご提案。嬉しかったです。
原稿への指摘方法が完璧で、指摘内容が分かりやすくて、見とれました。直接のご挨拶できていませんが、みなさんのおかげだと思っています。公務員向けの本を、学陽書房さんから出版できるなんてこんなに光栄なことないです。

さいごに

ビジネスメールのノウハウは、必須・知らないなんて毎日損ですよ!と思うからこそ、今講師として活動しています。それを、出版という形でより多くの方に、知っていただける機会ができたことは、とても嬉しいです。

お世話になった公務員という職種のみなさんの、お力になれることがあれば、これ以上嬉しいことはないです。すでにお買い求めいただいたみなさんにも、そして感想をくださったみなさんにも感謝します。また本読んだよと、どこかでお声かけいただけたら、とても嬉しく思います