整理収納アドバイザー 準1級認定講座

整理収納アドバイザー準1級とは

 一般社団法人ハウスキーピング協会のプログラムで、2級講座の上位資格。2級の資格取得が128,356名,1級の資格取得者は10,345名(2020年4月現在)となっています。2級を持っていないと受講できません(詳細は受講資格をご覧ください)

2級は自身のスキルアップを図ることを目的に、基礎を学びますが、準1級はさらに第三者への片づけアプローチを含みます。そして、もちろん整理にはじまり、行動動線や間取り、モノ人関係等あらゆる角度から、2級をより広く深く学ぶ2日間です。

社会で活動するなら必須

準1級は、2級の内容をさらに深めた整理収納のノウハウに加え、整理収納のプロフェッショナルとして、社会で活動していくときの知識やノウハウ、アドバイザーとしてのあり方を学んでいきます。2日間の受講で準1級を取得。この後、筆記(1次試験)と面接(2次試験)に合格すれば、整理収納アドバイザー1級が取得できます。

お片づけサービスを仕事としたい、自分の持っている資格と掛け合わせて強みにしたい、講師として活躍したい。その第一歩。整理収納アドバイザーという肩書を使って活動するには1級は必須。もちろんテレビや雑誌やブログ等メディアで活躍される整理収納アドバイザーの方は、1級資格取得者。プロが活動する上で必須の片づけスキル、また大事にしている考え方について、整理収納アドバイザー準1級講座で学ぶことが可能です。

もちろん、もっと家の片づけをすすめたい人や、もっと勉強したい人も

プロになる人のための1級という印象もありますが、2級講座が面白かった方、より深く、実践的に学びたい方。ご家族や周囲への片づけのアプローチを知りたい方等、プロになるためではなく自分のスキルアップのために、参加する方も増えています。準1級講座とテストは、申込みも料金も別。「勉強したいから準1級に申し込む。でも資格は不要」も可能です。

カリキュラム・詳細

課 目 項 目
講座 整理概論 ・整理の概念を実務に応用
・整理環境改善に対する概念
・整理やモノに対する意識や概念の改善
・整理の改善活動と維持管理
収納概論 ・収納が上手くできない理由
・収納の原則
・収納の原則確定と維持管理
家庭内整理の基礎知識 ・住まいと暮らし方
・ヒアリングと分析
・家庭内の収納の基礎知識
・収納プラン
実習 ・アドバイザーシミュレーション
・メンタルシミュレーション

2日間の受講とは別日に、試験があります

2日間の受講+その後1次試験(筆記試験)+合格者は2次試験(プレゼン)があります。

1級資格取得の流れの詳細はこちらから(ハウスキーピング協会サイト)

<予備講座 概要>

受講料 36,300円(税込)
※テキスト代込(当日配布)
※受験料は含まれておりません
日数 2日間(連日)
時間 10:00~17:30 (両日共)
※会場により異なります
受講資格 下記のいずれかに該当する者
▼受講後
・整理収納アドバイザー2級
・整理収納アドバイザーBAV
・整理収納教育士
▼認定後
・整理収納アドバイザー オフィス&ホーム

全国の1級認定講師

1級の講師は、全国で現在24名。オフィスミカサ長野も1級認定講師資格を持っています。

全国の1級認定講師はこちら(ハウスキーピング協会サイト)をご覧ください。

お申し込み・全国予備講座開催スケジュール

下記開催地域一覧から、参加したい地域をクリックし、お申し込みください。
整理収納AD1級予備講座 開催地域

現在申し込みが可能な地域には、リンクが張られていますので、各講座の下にあるお申し込みボタンからお願いします。
開催初日の90日前より申込を受付いたしますので、それ以外の講座は表示・リンクがありません。
今後の開催予定を確認したい方は、以下全国1級予備講座開催スケジュールをご覧ください。

詳細・最新情報、またよくある質問

ハウスキーピング協会、整理収納アドバイザー1級の案内ページをご覧ください

投稿日:2020年6月9日 更新日:

Copyright© Office Mikasa オフィスミカサ , 2020 All Rights Reserved.