こんにちは、整理収納アドバイザー1級認定講師、奈良県在住オフィスミカサの長野です。平成29年9月8日付で、一般社団法人日本経営協会(NOMA)の資格「情報資産管理指導者」を取得しましたので、ご報告いたします。

情報資産管理指導者とは

ファイリングデザイナーや、電子ファイリングの資格(こちらもNOMAの資格)の上位資格にあたるものです。
受講のための条件を満たしていれば、3日間学ぶことで取得できます。資格はとったけど、実務経験がない。そんな方に向け、現場の指導、現場の状況等も含めて、より実践的にファイリングについて学べる講座という感じでした。
もちろん資格取得時のテキストの勉強より深く、実践的な内容になっています。

3日間、気持ち半身、前のめりの勢いで聞いてきました。講師あり方、ファイリング実務。3日目の電子ファイリングは昼の実習がてら、ちょろっとMSDOS(コマンドプロンプトだっけ)を使ってファイルやフォルダの一斉作成・移動などをさせてもらったり(エクセルの関数使って、コマンドすら簡単に作る…!)現場で必要なノウハウを実習に入れてくださっていました。

取得動機

私は、すでに現場でファイリングシステム導入を仕事としており、ファイリングの講師としても活動している身です。正直、今更学びに行く必要性があるのか、この資格がなくても、今仕事はできてるし…という気持ちも少しありました(本当に正直なところ)

ただ主催がNOMAなので、自治体に非常に強い。元自治体職員としては、内容に単純に興味があったんです。そして電子ファイリングも、元自治体、さらに情報システム職員からすると基礎知識(LG-WANとか、もう何もかもが)の範囲でするっと学べそうで。何年も前から参加したくて。とにかく最前線で正統派、NOMAで学べる専門分野に、興味があっていってきました。

参加してみての感想

天職だと思った、指導者のハードルの高さを痛感した

東京3日間。子どもが心配でしたが、3歳児おばあちゃんとの時間満喫。さすが3人目。

「ファイリング愛」だけでも十分天職だと思っていましたが、現場で指導できる人の少なさを知り、もう自分の使命なんだと思いました。

指導できる人が少ない理由は、やはり自治体での導入経験、実務経験を積むことが難しいことです。自治体のファイリング、公文書の位置づけ役割などを明確にし、これをベースにした上での、企業向けオフィスファイリングシステム。監査・会検・情報公開請求という単語だけで実務を想像できる人が、どれだけいるか。さらに、それができないと書類の分類ができない。

ファイリングシステムが導入されていた自治体に勤め、維持運用段階を現場で、組織単位で見ていたことが、自分の強みだったことを知ることになりました。

また、上記の経験が必要というところから参入のハードルが高く、今個人で導入指導できるのは日本に数名レベルと聞きました。自治体に導入するなら入札参加要件を満たさないといけないし、それこそ整理収納アドバイザーの肩書、個人では到底無理。その上で、一般企業・オフィスでの導入指導、と思うと進むわけなくて。さらに専門性が高い分、コンサルティング費用も高い。

ファイリングシステムが、広まらない理由が色々見えてきましたし、危機感すら覚えました。古きから学び、次世代へつなぐという意味でも、橋渡しは大事な役割。いろんな方法で、ファイリングの知名度とノウハウ広めていこうと思いました。

講師陣が素晴らしかった

受講3日間で、3人の先生がいらしたのですが、全員素晴らしかったです。

講師としてのあり方を指導くださった先生は、各コンテンツで何を伝えるべきか非常に明確で、また受講生に「どうなってほしいか」の目的が明確。企業研修の講師として漂う一流感。非常に勉強になりました。

また専門性としては、ファイリング・電子ファイリングの先生お二人の名言がしびれました。

「紙ファイリングできないのに、データの管理なんか絶対できない」
「紙に罪はない」
「紙に書かれている情報を活かしてこそファイリング」
「ファイリングの先にある、人をみてこそ」
「働き方改革っていうなら、ファイリングしかないでしょう?」

こういうフレーズ(笑) 共感しすぎました。

方向性はあっていることを確認。このまま進みます

定期開催している「ホームファイリング講座」は、オフィスからみれば1割以下のノウハウです。自分一人の自宅書類と、複数名で共有する企業経営の書類のノウハウですから、量の差は当然です。

ちなみにホームの内容は、オフィスの基本、使うツールと最低限のルールをお伝えしているだけ。それでも自宅の書類は、検索性も美しさもぐんと上がり、受講生の方からは喜びの声が届いています。
整理収納アドバイザーの中で、ホームファイリング(バーチカル)の認知度は数年前に比べればぐっと上がり、メリットを知る人も徐々に増えています。
バーチカルに慣れた方や、その家庭で育ったお子さんが「会社も、これ使えばいいんじゃない?」って、ホームから逆輸入をしてくれるケースも増えるんじゃないかと思ったり。オフィスファイリングを広める作戦として、ホームファイリング推進。しばらくこの作戦でいこうと思います。
今までやってきた流れも、間違いないと思ったのでこのまま進めていきます。

やりたいことと、自分しかできないことのバランス

整理収納アドバイザー1級認定講師になり、ここ1か月、見える景色に変化がありました。これに合わせてやりたいことがたくさんでてきました。でも、またファイリングテーマで、したいことも増えた。
正直、今色々ある仕事から、何を手放すか真剣に考えており、また活動内容を吟味するタイミングに来ています(過去、断腸の思いで、ウェブ制作と、アクセス解析・個人宅の片付けサービスを手放した)

でも、手放すほどに、本当にしたい仕事が近づいてくるように感じています。欲張らずに、やりたいこと、できることを。1つづつ実現に向け努力し、みなさんのお役に立てるように、ご報告していければと思います。引き続きよろしくお願いいたします。