100均アイテム3つでできる、絶対必要な赤ちゃんの便利収納をご紹介

赤ちゃんに、ガーゼは必須アイテム。それも1日に何枚もいりますよね。なみだ、よだれ、はなみず・・・特に授乳のときは、おっぱいこぼしたり、吐いてみたり。授乳時には、必須。1日何回もある授乳タイム、そのつどタンスのひきだしを開けに行ってませんか。
「おっぱいくれー」って泣いている赤ちゃんに、あせらされ、ガーゼ準備を忘れておっぱいあげたら、そんなときに限って、ゴウカイにおっぱい吐いちゃうとか・・・あるよね~。「ちょ、ちょちょちょ、パパガーゼとって!!」みたいな(笑)
そんなときにあると便利なのが、授乳セットです♪ ご紹介いたしますね。

我が家の授乳セット、必要なもの&分類のコツ

我が家の赤ちゃんが生まれる前と後のソファ周りです。授乳クッション+授乳セットが増えました。

before

after

これにともない授乳セットを、どこにどんな形でおこうか迷いましたが、となりに磁石がくっつく場所があったので、ウォールポケットでひっかけました。その中に、ガーゼ入れました。(我が家の場合、上に二人の子どももいるし、ソファの上に置くとみんなが毎回よけたり、その上から座ったり、しょっちゅう散かる予感がしたので)

で、つくったのがこちら

【必要なもの】
・フック(S字でも、マグネットでも、引っかけれたらOK)
・ウォールポケット
・仮置き場用ケース

【4箇所のポッケの分類】
1、消毒用の脱脂綿
2、今日のガーゼ
3、明日のガーゼ
4、ゴミいれービニール袋セット付
(脱脂綿の袋の切れはし・授乳中に気づく赤ちゃんの髪の毛とか)

ノンアクションで、しかも片手で取り出せる

使っているガーゼの、一時おきば。洗濯の際にはお忘れなく♪

透明のウォールポケットだとなので、ガーゼの残量がよくわかります。
ポケットのちなみに、右上のプラスチックは、使ったガーゼの一時置き場。「涙ちょろっと拭いただけだし、次も使おうかな」というときは、ここにおいておきます。

あちこちにおきっぱなし・出しっぱなし、散らかりやすい、使いかけのガーゼ・タオル置き場ができます。取りに行かなくていい、引き出し開けなくていい。
ノンアクションで、しかも片手で取り出せる便利さが一番です♪

100均カゴでも、もちろんOk!場所ごとに、設置することもポイントです

ウォールポケットの設置が難しければ、100均カゴを準備してください。かごを区分けして、ガーゼや脱脂綿、小さなゴミ箱スペースを作っておくだけでOK。かごは授乳する場所の近く(ソファ上など)においておきましょう。
あと、授乳スペースが何箇所かある場合(1階と2階とか、リビングと寝室)、その場所ごとに、授乳セットをつくることも1つのポイント。さらに便利になります。
必要なときに、さっと取り出せる。なんて快適でストレス知らずなことでしょう♪ 赤ちゃんもすぐ拭いてもらえるし、パパにも急に走ってもらう必要なしっ(笑)お母さんだけじゃなくて、家族みんなにメリットあり。

便利な「グルーピング」 妊娠出産グルーピングをいくつかご紹介。

整理収納の中では、「ある目的を果たすために使われるいろんなモノを、1つにまとめられたセット」をグルーピングと呼んでいます。お金もかからない、ただひとまとめにするだけ。これだけで、グルーピングを意識するだけで、便利で快適になります。

これはまさに「授乳」のためのグルーピング。ちなみに、妊娠出産だけで、5・6個グルーピングしました。「通院セット、入院時の授乳室へのお通いセット、血圧計セット、お出かけセット、オムツ交換セット、新生児のときのお風呂上りおへそ消毒セット・・・」まだまだあるので、可能であれば順次、ご紹介いたしますね。
参考にしていただいて「おぉ、これ便利♪」って感じてもらえると嬉しいです。かわいい赤ちゃんと、赤ちゃんとゆっくり・にこにこすごしたいお母さんのために、快適な環境つくりのための整理収納、たくさんご紹介&提案していきたいと思います♪

2014年9月の記事(2017年再掲)