整理収納アドバイザー2級認定講座受講生のみなさんへ

オフィスミカサ主催の整理収納アドバイザー2級認定講座受講くださったみなさんだけに記事を書いています。改めまして長野です。長い方だと受講くださってから、もう3年のお付き合い。いつもありがとうございます。

LINE@で月に何度もお片づけ情報お送りしていて、この記事も、いつもならLINE@のタイムラインに書くのですが、伝えたいことが多くて文章が長い。そして、スマホやLINE@を使えない生徒さんもいらっしゃるので、こちら(ブログ)に書きますね。

「片づけモチベーション、下がってない?」(byブルゾン長野)

片づけを学び、楽しさ、やる気、目からウロコ、これならできる!!と燃えた2級講座直後。もちろんその後、家が片づいていっています!楽しいです、片づけのイメージ変わった!という経験をなさったと思います。では最近は…いかがですか?楽しくお片づけできていますか?

「最近モチベーション下がっちゃって」と連絡をくださる方も

もちろん「以前より片づいています!」という方が多いことは、私も知っています。でも、ちらほらと見る下がった矢印のLINEスタンプ。「あのときほど、片づけやる気でなくて」「片づけられない自分を1年以上脱出できて、片づけられる自分が当たり前になってた。なのに、今は2・3日放置してしまうようになって…」と泣き顔連打のLINEメッセージ。いやいやいやいや、ちょっとまったー!!

スタートは、これまでの自分がすごかったことを認める

まずは受講して何か月も何年も、まだ片づけモチベーションが続いてきたことが、すごいんですよ。「やる気がゼロではない」「前ほど散らかってはいない」「リセットはできているかも」、そんな自分を思いっきり褒めてください。もちろんモチベキープできているなら、めっちゃくちゃほめてください。
これまで数十年、自分の性格・家系・血液型のせいだと思って(笑)諦め、ストレスをためていた毎日の生活を、たった7時間程度の学びで変えることができたんですから。そう思うと、とんでもなくすごいことなんですよ。もう一度言います。これまで、モチベーションキープし続けている方が、とんでもなくすごいことをしていたんです。

片づけられないと言える。それがもう前とは違う

それに、「片づけを学んだ先生に『片づけモチベーション下がってツライ』と正直に自分の状態を言える」ことが1つ進歩だと思います。これ、言いにくいですよね。でも、その勇気がある。片づけの効果を学んでいるからこそ、体感しているからこそ、なおさら片づけられない自分に戻りたくない、もっと片づけたい、片づいた状態キープしたい!という強い気持ちがあるんです。この気持ちがあるだけで、全然違うんですよ。

そして、ツライと言えなければ「言えない→閉じ込める→できない→やっぱり片づかない→片づけ嫌だ→さらに散らかる」のループにはまっているはずです。自分の片付けのしんどい話をできる人が側にいるだけでも、精神的負担も大きく違うはずです。2級講座は少人数講座で、お一人ずつゆっくりお話しているからこそ、親身になってお話もできるんですよ。

絶対怒ったりしないから(笑)

「先生に申し訳ない…」なんて言う方もいますけど、そんなことないです。メッセージくださる時点で、なんとかサポートできますもん。それに「こら、何しとるんじゃ!気合いじゃ!(怒)」とか「え、資格取れたでしょ?その後??知りませんよ(棒)」って言いそうな講師になら連絡しないですよね。私からすれば、正直に気持ちを言ってもらえる、ヘルプを出してくれる、吐き出せる=長野先生なら、ゆか先生なら何とかしてくれる!という信頼かなって、嬉しくとらえています。

ヘルプが必要な人はここがポイント

「これはヘルプがいるな」と私が思うときは、ずばり「整理収納アドバイザー2級受講前よりも、家が散らかっているなら」です。この場合はゆっくりご相談のケースも。でも大半の方が「いえ、そこまでは」とか「前よりは片づいています」とおっしゃいます。

よりどころになるのは写真。講座でお伝えしている「今の家の状態を写真にとってください」のやつです、それ見てください。すると「当時よりはずっと片づいています」という方が多い。つまり、今気分は沈んでいるけれど、確実に前進しているということ。

写真みるだけで「なんか私結構できていたんですね、片づけモチベーションまた上がってきました!」なんて方も。受講して、アドバイス通り、基本に沿って作業なさったからこそ、今の自分のモチベーションにつながったということ。前の自分にグッジョブ、ゆってあげてください!

モチベーションを上げるには

1、原因が明確なら、問題を解決する

考えられることはどんな理由がありますか?ちょっと今家族で悩み事があって、なんていう場合も片づけやる気おちますね。他のことが原因の場合は、ムリにモチベーション今上げなくてもいいです。そんな場合は、1日5分でいいので、強制的に片づけの手を動かすなんて言う方法もあります。悲しい時にムリヤリ笑顔作る、あれみたいなものです。

あと、原因追及にあまり時間は取らないように。「あれのせい、これのせい」と原因に目を向けても片づきません。それよりは、「どうやったらモチベーションあがるか」にフォーカスを当てて考える方に時間をかけてください!

2、「できている」ことに目を向ける

「今日も忙しかった」「今日もあれもできなかった」「今日もこれができなかった」と1日過ごしていませんか?えぇ、私がそうでしたね…違うんです。違うんですってよ。
「今日、ご飯作った、洗濯干した、子どもにご飯食べさせた、保育所お迎えにいった、食器洗った、お風呂入った、パジャマに着替えた、お布団に入った、●●さんに連絡のLINEした」とかね。「仕事でしたこと」まで思い出したら、1日どれだけいろんなことができているか。

だから「今日は●●をどこに戻した」これだけでOK。この考え方、片付けだけではなくって、いろんな気持ちが楽になります。そして、明日は「●●をどこに片づけた」「●●もどこに片づけた」と、1つ追加で思えるように戻してみてください。●●を処分した。●●を整えた。整理・収納・整頓・片づけ・掃除。どれか1つだけでも「できた」があればいいんです。
「机の上、1/3片づけた」「玄関3足、靴箱に戻した」十分です♪

3、意識を再確認

なーんとなくやる気が受講前より落ちている…という方は、簡単です。もう一度受講内容を思い出せば、やる気出ます。

・受講した時、何のために片づけたいと思いましたか?家族?安全?1日10分を生み出すため?
・いつも完璧に家が部屋がずっと片づいていたら、みなさんにどんなメリットがありますか?
・理想のお部屋のゴールイメージ忘れていませんか?
・片づけの手法・基礎基本5つの鉄則。どんなメリットが得られると思って「やってみたい」と思いましたか?

…思い出せたら、やる気でる。もしくは思い出せなくても大丈夫、極端に言えば「もう一度受講すれば」やる気起きます。

フォローアップ勉強会と、LINE@での情報提供

片付けのモチベーションを上げるには、他にもいろんな方法があります。私のブログを読んでくださっているのも、その1つかもしれません。私の声聞くと、やる気起こる人もいるそうです、嬉しいけどなんか素直に喜べないぞー(笑)そして、やっぱりフォローアップ会。上の目的意識の話を復習してみたり、具体的なノウハウを思い出してみたり。

「下着の枚数の話を聞いててから、私これやってみたんです」「え!それ私もやってみよう!!」「ドイツ人の奥さんの話を夫にしてみたらね…」「わーすごい!!」なんて、みんなで雑談している間に、やっぱり「片付けの話楽しい、片づけの集まり楽しい」=やる気アップ、にもつながる。6月と12月のフォローアップ勉強会&懇親会もぜひいらしてくださいね。

最後に、いつもお伝えしていることと、私の思いをここにもう一度。

流行りの片づけでいいんですか?ご自身のストレスだけですか?
片づけストレスのせいで、心のゆとりすり減っていませんか?
みんなでゆっくり過ごす時間、奪われていませんか?
ご家族の安全のために、今できることしませんか?今大きな地震があっても大丈夫ですか?後悔はしませんか?

私は→のような後悔をしないように、講座に全力です。「他の先生から2級講座受講された方が、●●さんはやる気が起きて片づいたかも」「●●をお伝えしていたら、●●さんは片づけていたから、今頃こんなことにならなかった」こんなことが、しょっちゅう起こるくらいなら何の未練もなく、講師辞めますよ。他の講師に託したほうがよっぽどいい。

それだけ「片づけへの考え方1つが、その人の毎日の生活に/一生に影響する」と言うことを知っているからです。見聞きし学び、経験してきたこと、自分自身が片づけられないところから脱出したことも、大きいです。でも、自分の伝え方次第で、奈良の小さな会場で、受講くださった100名の受講生のみなさんにも、ご本人・そのご家族・周りの方に変化が起きることを知ってしまいました。だから、フォローも全力です。

老前整理や子育て片づけの2時間も真剣ですが(これも一期一会ですよね。どの講座も手が抜けないわ…)でも、2級講座にいらしてくださった方は、本気で学びにいらした、やる気があるから絶対片づくという土台をもった方たちなんです。だからずっと応援。サポートしています。ゴールが見えると信じています。いつでもお気軽にご連絡ください。片づけ、ともに楽しく、頑張りましょう!!