こんにちは、奈良県在住、整理収納アドバイザー1級認定講師、オフィスミカサの長野ゆかです。

「『1日何個捨てる』で、家を片づけよう」…って、ちょっとまって

家からモノが減る=片づく は本当です。いたってシンプル。でも、だからと言って「1日何個捨てる、作戦で行こう!」と思ったらちょっと待ってください。その方法では片づきません

「全だし→分ける」これが、整理収納アドバイザーでも学ぶ鉄板手順。特に私の受講生の方、これ思い出してくださいね。

「1日何個捨てる」は捨てることを目標にしがち

「1日何個捨てる」は、全体のモノの中から不要なものを選ぶ=間引き作業 です。なので、片づけることよりも、処分するモノを選ぶことに目標がかわりがち。

例えば、行動として「クローゼット(本棚・段ボール)全体を見回す。その中から不要そうなものを、決めった数点分選ぶ。終わり」となる。
「家中をゴミ袋をもって歩いて、何袋になりました!すっきりしました!」というご報告くださる方もいますが、これも間引きの延長なので「途中で片づけが止まる・うまくいかない人が多い」傾向があるように感じています。

「1日何個捨てる」だと、うまくいかない理由を、3つにまとめてみました

1、片づけた効果を感じにくい

たくさん処分したけど、すっきりした感じがしない・進んだ感じがしない。だから「片づけモチベーションをキープしにくい」というのがデメリットです。パラパラと間引いているので、仕方ありません。

対して「全だし(小さなスペース限定)・分ける」の作業は「片づけたからすっきりした」という成果+効果を感じやすいのが特徴の1つです。限定スペースなので、見た目にわかりやすく完了します。
また全だしをすると拭く(掃除)の作業ができるのでさらに「きれいになった達成感」も感じられる。効果を感じれば、また片づけよう!と思えますよね。

2、全体量・数・モノ把握にならない

「全だし→分ける」をお勧めするもう1つの理由は、1つ1つ手に取ることで、記憶に残る(戻ってくる)ということです。整理収納アドバイザーの理論で言えば、分ける過程で「プロパティ領域→スタンバイ領域」に上げることができます。

一方で間引きは、不要なモノを選ぶことを目的としてしまうため、それ以外のモノを手に取りません。だから記憶に戻ってこない=思い出せない=必要な時に使えない。間引きで、スクラップ領域は減っても、プロパティ領域はそのまま。これ、スタンバイに上がれるかプロパティのままかは、全然違います。

3、不要なものを選ぶのではなく、必要なものを選び取る

「1日何個捨てる」は、明らかに不要なものを取り除く作業です。本当に片づけようという意思のある方には、不要なものを選ぶのではなく「必要なモノ」を選び残していただきたい。

結果選ぶものは、同じかもしれませんが「処分したい不要なものにフォーカスするか自分にとって大事なモノ・必要なものにフォーカスするか」は、全く違う行動です。

また全だしは、1つ1つを手に取って判断・決断していくという作業を通して、選択の練習になり選ぶ力が磨かれていきます。例えば「これ要らない/これは捨てられない使わないけど、どうしよう」これでもOKです。手に取ることで考えることにつなげることが大事。「自分と向き合う」のスタートです。

すごくすっきり片づいている上級者が「1日何個捨てる」を実行していると、これいいんじゃない?って思いますよね。でも、上級者はここでいう「必要なモノを厳選する」=「自分と向き合う」を大切にしているいわば、整理収納(自分)を極める修行みたいなもの。

だから今から片付けスタートする方、まだまだ片づけてもリバウンドしてしまう方が真似をしてもうまくいかないんだ、と思ってください。

もちろん「1日何個捨てる」も、しないよりはした方がいい

もちろん何もしないなら「1日何個捨てる」でも、した方が良いです。数としては減るし、リバウンドスピードも気持ち緩やかでしょう。

例えば「実家の親が、片づけなくては…と思ってるけど、本気ってことでもない」「何から作業していいか、わからないらしい」「全だし、分けるという作業がしんどいらしい。」その場合は「1日何個捨てる(家から出す)」で、作業してもよいでしょう。
作業として、何をすべきかが明確でシンプルなので、行動にうつしやすいのはメリットです。また同じ全だし→分ける であっても、何もしていないよりは、間引き作業が終わってからの方が作業が楽です。

数値把握を確実にできるなら

本当に「1日何個捨てる」の片づけ方があっている人がいるとすれば、家にあるモノの数を、完璧に把握している人でしょうね。例えば「家に1万2千個のものがあると把握してます。片づけをを進めるために、モノを置いているスペースを半分に減らしたいので、6000個処分します。だから、1日10個捨てるを実行して、600日=約2年間がんばります」ならOK。

例えば部分的に、お洋服数えたら300枚ありました。7割にしたいから、90枚手放します。そのために1日10枚×9日がんばります。ということならこれもOKです。

根本から丁寧に片づけたい、それもスピーディに、効率的に。そう望むなら間引きはだめ。

結局作業をトータルで見たときに「早く、根本的に片づく、効率がいい方法=全だし」です。整理収納アドバイザーは2級講座でこの方法を学びますし、実際プロの整理収納アドバイザーも、お客様宅ではこの手法で作業を行うということが、全だしが優れていることの、何よりの証明。

もちろん私も、LINE@やインターネット(スカイプ)を使った、オンラインの個人のお片付けLessonでも全だしから、作業いただきます。やっぱり基本は大事ですよ。取り掛かりの参考にしてみてください。

ちなみに現在、オフィスミカサではLINE@・インターネットを使ったでのお片づけサービスは、行っておりません(2018年2月16日現在)
LINE@登録者の中から、イベントなどで当選された方のみのサポートとさせていただいております。募集はLINE@から行いますのでお片づけレッスンに興味のある方はLINE@のご登録をお願いいたします。 ご登録はこちらからオフィスミカサLINE@