9月19日(水)オフィス業務の効率化支援・コンサルティング説明会

一般社団法人日本経営協会様の講師として、下記内容で開催することになりました。
以下ホームページより、抜粋。全情報はこちらからご覧ください。日本経営協会ホームページ

日時・会場

日程:平成30年9月19日(水)
時間:13:30~17:00 (13:10 受付開始)
主催:大阪科学技術センタービル 専用教室
場所:大阪市西区靭本町1-8-4
講師:長野 ゆか 氏(一般社団法人日本経営協会講師/オフィス業務効率化コンサルタント)
受講料:無料 ※お申込は1社2名様まで
対象:民間企業の事務部門・総務部門・働き方改革推進部門のご担当者様

セミナー名:オフィスのモノ・書類・データを片づけ業務効率アップを目指す研修
定員:限定30名 (先着順)
→あっというまに満席となり、54名枠へ増加しました。残席3となっています(8月30日)
→54席満席となりました(9月3日)

プログラム:

<理論で学ぶオフィスのモノの整理収納>
1、オフィスの片づけ概論
・すっきりするだけではない「整理収納3大効果と環境スキル」
・整理収納片づけと、5S活動との違い
2、整理からのアプローチ
・社内環境を整えるにあたって、最重要なこと・もの
・片づけが得意な社員・苦手な社員、双方をうまく巻き込む方法
3、収納からのアプローチ
・整理収納の5つの鉄則の一部を、実例写真をもとにご紹介
<オフィスの書類・データ ファイリングシステム>
1、ファイリングシステム概論
・イメージでつかむファイリングシステム
・書類の共有化により担当外の書類でも30秒、5年前の書類は3分で取り出しが叶う
・成功のカギは、年度締め作業
2、データベースづくりの注意点
・紙を片づけられなければ、データの整理収納は不可能
3、事例からみる、導入のイメージ点
・実際に現場で発生した出来事から、活かしていただきたいこと
・2週間で3tの書類削減ができた理由
4、自社内で進める方法、コンサルタント活用で進める方法、双方のメリットデメリットと注意点

質疑応答

ねらい:

働き方改革実現に向けての取り組みが本格化する中で、労働時間の削減や従業員の生産性向上、ワークライフバランスの実現、働きやすい職場環境の整備など、企業が取り組まなければならない課題が山積しております。
なかでも事務部門の業務効率化については、自動化・省力化が進む製造部門と比べ、日々の業務進捗が把握しづらく、また業務内容を担当者しか把握できていないというケースもあり、後回しにされてきたという現状があります。
事務部門の業務を改善してオフィス環境を整備することは、オフィス業務の生産性を向上させるだけではなく、経済的効果、精神的効果、職場内のコミュニケーションを円滑にするなど、さまざまな効果が期待できます。
本セミナーでは、オフィス業務効率化コンサルタントの長野氏をお招きし、職場環境を整え業務効率化を行う際のポイントをファイリングコンサルティング導入事例なども交えながらご紹介いたします。 オフィスの生産性向上を検討されている総務・事務部門の方々の積極的なご参加をお待ちしております。

注意事項:

※教育研修を事業とされる企業・団体、また講師と同業者・コンサルタント等のご参加はご遠慮ください。

お申込み方法・お問い合わせFAX・またはウェブサイトより

日本経営協会ホームページからご覧ください。

内容について

一般的なモノの片づけ整理収納・ファイリングセミナーではなく、整理収納が企業にもたらすメリット、なぜ片づけなければならないのか。また、自分が担当者として全社的に進めていくときの方法、コンサルを依頼するときの注意事項・実際のコンサル実例なども交えてのご紹介という内容でご依頼いただき、このようなプログラム構成で開催させていただくことになりました。

日本経営協会様特別プログラムですので、興味のある方はこの機会をお見逃しなく。